ランエボX

ランデュース 4B11(ランエボX) 2.3Lkit発進!!

今回はレーシング会の名門
RUNDUCE × 戸田レーシング とのコラボにて完成

2.3Lの圧倒的なトルクとパワー、乗り易さと速さ、それに耐えるエンジン設計
400馬力オーバーの出力が可能になりました。

本格的な限界テストはランデュース ランエボXにて

  • 目標・・・ラジアルストリート仕様で筑波サーキットを1分切
  • 価格・・・470,000円(+税)

−kit内容−

  1. TODA製鍛造ピストンkit(φ86.50mm/87.00mm)
  2. SPLクランクシャフト(ロングストローク・高精度バランス加工済み)
  3. I断面強化コンロッド(BUSH入りフルフローティングタイプ完全バランス済み)
  4. コンロッドメタル(強化ブラックメタル使用・メタルクリアランス調整済み)

製作ストーリー

  1. 名門、戸田レーシングとエンジンkit(4B11)2.3Lをコラボ製作しを作りテストする。
  2. 4B11のノーマルエンジンを分解、弱点も在り全てチェックを行う。
    • サーキット走行を行った割には特に問題は出ていない
    • 4G63より4B11の方が水回りは良さそうだ
  3. EXのポート径がかなり小さいので、今回30%UPでポート加工を行う。
  4. 強そうに見えるピストン
    • でもトップリング厚さが不足していて割れが発生してしまう
    • 400馬力以下が限界だ
  5. バルブは小さく形状はイマイチ。
  1. 組み込まれる4B11のヘッド。
    • ヘッド回りも全て手直しを行う
    • OHしたヘッドはピカピカきれいでカッコイイ
  2. バルブも鏡面仕上げにする。
    • これにより排気カーボンは付きにくくなる
  3. 今回組み込む2.3Lピストン。
  4. そしてコンロッド、クランク
    • 馬力550ps、トルク60が可能になる
  1. 戸田レーシングのエンジンベンチ室にて4B11 2.3Lkitのテストを行う。
  2. データ収集を行い完成となる。
    • ここからはランデュースが限界に挑むことになる!!

エンジンベンチデータグラフ
ブースト1K パワー&トルク比較

  1. 4B11 2.3Lkit化され(ピストン、クランク、コンロッド)ランデュース ランエボ]に積み込む。
    • これで400馬力オーバーも可能になる!!(耐設計は馬力550ps トルク60kg)
    • 2.3Lで公認取得を行いその後テスト走行に入る
  1. ランデュース ランエボX 4B11 2.3Lkitの公認取得の為、積載車で岡山陸運局へ持っていく。
    • やはりスーパーストリート仕様を貫く為2.3L登録する
    • 日本一速い車検受付?!になる
  2. 一発で公認取得OK。
    • 晴れてお国のお墨付きランエボX 4B11 2.3Lkit仕様車の完成

排ガスも2.3LのHKSカムが入っていてもOKなんですね。
ここからスーパーストリート仕様として仕上げていきます。
ちなみに重量を測ったら純正1520kgから20kg軽くなっていたので、車検時の重量税が安くなった。
(1500kg以上と以下の差は大きい約12,000円減)
軽い車のメリット、速さ、コーナリング、ブレーキング、燃費、その上重量税も!!
改もいい事一杯有るんですね!!

ランデュースBlog

あ のコーナー
チューニング応援団
デモカー&パーツ情報 その他情報

RUNDUCE CALENDER
2017 −11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

RUNDUCE CALENDER
2017 −12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  •  定休日
  •  イベント開催日
Runduce

Copyright © originalrunduce Co.,Ltd. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

チューニングは晴れの国 岡山で!!